アロマオイルの使用方法。

原液のまま肌につけない

アロマオイルは植物の成分が濃縮されており、とても濃度の高い液体です。刺激が結構強いので、原則的に原液のままで使用することはありません。

必ず、キャリアオイルや水、アルコールなどで薄めてから使用してください。肌についた場合は大量の水で洗い流して下さい。

ただし、ラベンダーのアロマオイルだけは別で、原液で使用しても大丈夫です。実は、ラベンダーの原液は、切り傷ややけどのときの特効薬として有名なのです。綿棒に染み込ませ、患部に直接塗ると早く治るそうですが…どうなのでしょう??

病気の治療の代用にしない

アロマテラピーは、身体の不調を和らげ、自然治癒力を高めてくれます。香りを楽しむことを中心に、健康維持、予防医学的として行うようにしましょう。病気の治療目的としてアロマテラピーを用いるという考え方は危険です。

何か症状が表れた倍は、素人判断は避け、速やかに医師に相談してください。

乳幼児・子供への使用には最善の注意を

乳幼児には、香りをかぐ芳香浴などは特に注意する点はあまりないのですが(それでも気をつけましょう)、直接肌につけるマッサージなどの場合、希釈率には十分に注意します。

3歳未満の乳幼児は芳香浴のみの使用が良いです。

ラベンダーやローマンカモミールなど、肌に優しいアロマオイルを選び、使用する際は必ずパッチテストを行ってください。

アロマオイルの効能と危険を知る

アロマオイルはそれぞれ違った効能をもっており、リラックスしたいときには鎮静効果のあるアロマオイルを選ぶなど、自分が求めている効能に合わせてアロマオイルを選ぶのがベストです。

しかし、アロマオイルの中には、妊娠中やてんかん、高血圧、肌の弱い人は使用を避けたほうがよいものもあります。

使用するアロマオイルを決めたら、危険性もしっかりチェックしてください。マッサージの場合は、する人とされる人の両方に危険が及ばないかも確認しながら使用しましょう。

飲まない・目などに入らないよう注意する

ヨーロッパでは医師の指導の下、少量のアロマオイルを服用する場合があります。しかし、日本では一般的ではありません。

独自の判断で飲むことは絶対に止めましょう。体内で分解されるとき毒性が高まる恐れがあり、とても危険です。

誤って飲んだときは、すぐに大量の水で口をすすぎ、アロマオイルを外に吐き出すようにしてください。
また、目や傷口、粘膜付近などに触れないように注意してください。万一目に入った場合、大量の水でよく洗い流しすぐに医師の診断を受けましょう。

柑橘系の光毒性のあるアロマオイルに注意する

圧搾法で抽出された柑橘系のアロマオイルは、肌につけて紫外線にあたると危険なものがあります。

ひどい日焼けやシミ、肌のトラブルの原因になりますので、アロママッサージなどをした後は、直射日光や紫外線は避けましょう。

保管は常温・冷暗所に開封後は半年から1年以内に使いきる

アロマオイルは大変デリケートです。太陽の光や熱、空気、湿気などですぐに成分が変化してしまいます。
ふたを開けたらすぐ閉めるなど、取り扱いには十分注意しましょう。アロマバスでの使用後も、アロマオイルをバスルームに放置しないように気をつけてください。ダメージを受けやすい夏場は冷蔵庫に保管しておきましょう。

アロマオイルのジャンル分け。

アロマオイルの香りは7タイプに分類できます。

さまざまな個性を持つアロマオイルの香りですが、大きく分けると7つに分類することができます。それぞれのタイプの特徴をマスターすれば、自分の好みの香りを見つけたり、ブレンドするときの基準にもなってとても便利なのですよ^^

●柑橘系

ポピュラーな果物などがベースで、アロマテラピー初心者向きの香りです。
ほとんどの方が抵抗感なく受け入れられて、気分も明るく前向きになれます♪
相性の良い香りはハーブ系、フローラル系です。
オレンジスイート・グレープフルーツ・ベルガモット・マンダリン
メリッサ・レモンとレモングラスは果物ではありませんが、柑橘系と似た香りがします。

●フローラル系

花から抽出した、甘くてフェミニンな女性的で優しい香りです。
長持ちする香りが多いので、いろいろと活用できる、使用頻度の高い香りです。
相性の良い香りは柑橘系、エキゾチック系です。
エバーラスティング・ジャスミン・ゼラニュウム・ネロリ・ラベンダー・ローズオットー・ローマンカモミールなど

●ハーブ系

ハーブから採った、すっきりするフレッシュな香りが特徴です。
シャキッとしたいとき、集中力を上げたいとき、呼吸器系が気になるときに効果的ですよ^^
相性の良い香りは柑橘系と樹木系です。
ペパーミント・クラリセージ・スイートマジョラム・フェンネル・ペパーミント・ローズマリー・タイムなど

●エキゾチック系

どこか異国を思わせる動物的でオリエンタルな香りで、気分を落ち着かせてくれます。
香りに幅を出す効果があるので、単体よりブレンドして使うことが多いアロマオイルばかです。
相性の良い香りはフローラル系と樹脂系です。
イランイラン・サンダルウッド・パチュリ・パルマローザ・ベチパーなど

●樹木系

森林浴をイメージさせるような、フレッシュで心地の良い香りです。
お風呂に入れて楽しんだり、ストレス解消したいとき、リラックスしたいときにオススメです。
シダーウッド・サイプレス・ジュニパー・パインティートリー・プチグレイン・ユーカリ・ローズウッドなど

●樹脂系

木の樹脂を原料にしているため、重厚で甘い香りが特徴です。
粘度の高いアロマオイルが多く、乾燥肌などに効果を発揮するので、手づくりコスメなどによく使われています。
相性の良い香りはエキゾチック系、スパイス系です。
フランキンセンス・ベンゾイン・バレリアン・オークモス・エレミなど

●スパイス系

食欲を刺激するスパイス類が原料で、様々な部位から抽出される香りです。
ピリッとした香りがやる気や元気を引き出してくれます。身体を温めるなど効能も豊富です。
相性が良い香りは、樹脂系と樹木系です。
ブラックペッパー・クローブ・コリアンダー・シナモン・ジンジャーなど。

あろませかい。メニュー
HOME
石鹸類
スキンケア類
香水