香水類の作り方。

香水を作りましょう!

アロマオイルと無水エタノールで、手作りのオリジナル香水が作れちゃいます゚・*:.。. .。.:*・゜
自分の好きなアロマオイルを、好みの濃度で自由にブレンドしたオリジナル香水は「自分だけの香り」という喜びが沸いてきますよ♪

香水の分類

香水とは、アロマオイルをアルコール(無水エタノール)で一定の割合に割ったものを言い、アルコールに対するアロマオイルの割合を「賦香率(ふこうりつ)」といいます。この割合によって、フレグランスは「15%〜30%→香水(パフューム/5〜7時間持続)」「 8%〜15%→オードパフュ−ム(パルファンドトワレ/3〜5時間持続)」「 4%〜8% →オードトワレ/2〜3時間持続」「3%〜5%→オーデコロン/1〜2時間持続)と分類されます。

必要なアロマオイルの量の計算式

フレグランス作りに必要なアロマオイルの量を計算してみます。
例えば、無水エタノール5mlを使ってラベンダーの香水(賦効率30%)を作るとします。
賦香率30%ですので、必要なアロマオイルの量は、「5ml×0.3=1.5ml」となります。

では、1.5mlというのがアロマオイル何滴分に相当するかといいますと、1滴の量はおよそ0.05mlです。なので、「1.5ml/0.05ml=30滴」となります。
無水エタノールを10mlにしたい場合は、上記の計算式の5mlを10mlにすれば良いです。
香水ではなくて7%のオードトワレが作りたい場合は、上記の計算式で0.3を掛けたところを、0.07で掛ければ大丈夫です。

準備するもの

《賦香率15%の香水をつくる場合》

  • 無水エタノール→5ml
  • アロマオイル→15滴
  • 遮光瓶(香水を入れる瓶)
  • ビーカー
  • 無水エタノールは薬局で購入できます。
  • 無水エタノールの代わりにキャリアオイルを使うと、お肌に優しい香水ができますよ^^
  • アロマオイルを数種類ブレンドする場合は、アロマオイルの合計が上記の量になるようにします。

作り方

1.ビーカーに無水エタノールを入れます。

2.アロマオイルを加え、よ〜くかき混ぜます。

3.遮光ビンに移し、3週間程度熟成させます。(毎日軽く振ってください)

※6ヶ月を目処に使い切ってください。

香水作りのポイント

香水作りには、アロマオイルのブレンドが欠かせません。
自宅でブレンドする場合は、2〜3種類くらいが良いと思います。香りをブレンドする場合は、異なるノートのアロマオイルを組み合わせると、バランスの良い安定した香りを作ることができます。

「ノート」とは香りの持続時間のことです。ノートはアロマオイルによって異なり、短い順に「トップノート(30分〜2時間)」「ミドルノート(2〜6時間)」「ベースノート(6時間〜数日)」に分類されます。

例えば、トップノートの香りばかりを選ぶと、香りが早く飛んでしまうので、異なるノートを選んで香りに安定感を出します。
ただし、トップ〜ミドル、ミドル〜ベースに香るものも多くありますので、あくまでも目安です。
ちょっとした例↓

シャネルNo.5 (1921年発表)
トップノート→ネロリ・レモン・ベルガモット・アルデハイド(香料)
ミドルノート→ ジャスミン・ローズ・イランイラン・アイリス・ミュゲ
ベースノート→サンダルウッド・シダーウッド・バニラ・ベチパー・アンバー・ムスク・シベット

あろませかい。メニュー
HOME
石鹸類
スキンケア類
香水