アロマテラピーの歴史。

アロマテラピーの歴史は、アロマオイル誕生から始まった。

皆さんも、息抜きにアロマテラピーを嗜んでいると思いますが、アロマテラピーの歴史はご存知ですか?
アロマテラピーの歴史は、アロマオイルの誕生とともに始まったと言われています。

10世紀頃、アラブ人のイブン・シーナが錬金術の課程で、偶然に水蒸気蒸留法を発見したことにより「アロマオイル」が誕生し、アロマテラピーの歴史が始まります。

そして11世紀頃、十字軍の遠征によりヨーロッパへとアロマテラピーは広められていきました。

16世紀には、アロマオイルを作る方法は更に研究され、「新完全蒸留読本」が出版されるなど、アロマオイル産業は黄金時代を迎えることになります。

その後のペストの大流行では、アロマオイルの持つ殺菌作用が認められ、人々の注目を集めました。

医療分野での活用

20世紀初頭、フランスの化学者モーリス・ガット・フォセは研究中、手にやけどを負ってしまいますが、とっさに近くにあったラベンダーのアロマオイルに指を浸します。すると、たちまち痛みが和らぎ、やけどは驚く早さで直ったそうです。

この出来事がきっかけで、アロマオイルの持つ医薬品的な力に着目し研究を始めた彼は、1928年に発表した「アロマテラピー(芳香療法)」という著書で、初めて“アロマテラピー(芳香療法)”という名を世に送り出したのです。

第二次世界大戦中、フランスの軍医ジャン・バルネが、深刻な薬不足からアロマオイルを用いた薬剤を負傷兵の治療に使った経験をし、その経験から「アロマテラピー」という論文を発表したことで、よりアロマオイルの効能が医療現場から注目を浴びるようになりました。

アロマテラピーはここから20年近くにわたって、医療分野で活用していきます。

美容分野、癒しのアイテムとしての活用

「現代のアロマテラピーの母」と呼ばれている、オーストラリア出身の化学者マルグリット・モーリーが、現在、私達が楽しんでいるアロマテラピーの基礎を作ったのです。

彼女はアロマオイルを美容的な面から見直し、症状に合わせてアロマオイルをブレンドし、マッサージする方法を「人生と若さの秘密」という本に著しました。

日本では、1980年代、アロマテラピーに関する数多くの本が翻訳され、多くの人が「アロマテラピー」という言葉を耳にするようになりました。

そして近年、目に見えないストレスに対しての健全な療法、心と体の癒しのアイテムとして、再び注目を集めています。

現在では、病院や鍼灸治療院などでもアロマテラピーを利用した治療を行っているところが増え、医学的見地から薬理効果が検証されています。

 

↑TOP

アロマに関する神話

ちょっと息抜きにどうぞ☆

●ローズ

ギリシア神話では、アフロディーテがアドニスを助ける際、ローズのとげで自らの指を刺してしまったことから、ローズの赤い色はアフロディーテの血の色だと語られています。
また、キューピットの矢がローズにとげを授けたという神話もあります。
大地の女神ガイアは、愛と美の女神ビーナスが誕生した際、「私だって美しいものを創れるわ!」と言ってローズの花を創ったとも言われています。

●乳香(フランキンセンス)

マタイ伝第2章
「(東から来た学者たちは)家に入ってみると、幼子は母マリアと共におられた。彼らはひれ伏して幼子お拝み、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた」黄金は現世の王、乳香は神、没薬は人を病から救う医師を意味するそうです。

●マジョラム

マジョラムを作ったのは美と愛の女神アフロディテだと言われています。
アフロディテは海の水からマジョラムを作り、その手で触れ香りを与えました。そして、神々が住まうオリンポスで、太陽の光をたくさん浴びて育つようにと、日当たりの良い斜面に植えられたと伝えられています。

また、キプロスでは一人の青年がマジョラムになったという伝説があります。
キプロス王キニラスの小姓であったアマカラスという青年が、高価な香水の壺を運んでいるとき、大理石の床で足を滑らせて壺を割ってしまいました。王が立ち上がって叱責すると、恐れのあまりアマカラスはその場で気を失い、そのまま床にこぼれた香水の中で息を引き取ってしまったのです。それを見ていた神々がアマカラスを哀れに思い、彼を香草に変えたそうです。この香草がマジョラムだと伝えられています。

●ペパーミント

ペパーミントについて、学名をMentha piperita(メンタ・ピペリタ)といいます。
冥府の王ハデス神は妖精のメンタに恋焦がれます。これを知ったハデスの妻は嫉妬に怒り狂い、そしてメンタを足でめちゃくちゃに踏みつけてしまったのです。踏みつけられたメンタを哀れに思ったハデスは、香りの良い可愛いペパーミントに変えてあげたと伝えられています。..

●ミルラ

ミリュラという若い女性がいました。彼女は父を男として愛してしまいます。そして夜毎、顔を隠して父の寝室へ行くのです。
まさか娘だとは知らずに父はミリュラを愛します。これは彼女にとって至福の時でした。

しかし、幸せも束の間。
ある夜、父に顔を見られてしまい、ミリュラはなんとか父の元から逃げ切ります。そして、彼女は自分の罪の重さから自殺を図ろうとしました。
しかし、自分が父の子を身ごもっていることを知り、愛しい人の子までも道連れにできないと苦悩し、祈ります。
「この世でもない、黄泉の国でもない場所で生きたい」と。
この祈りは天に届き、神々は彼女を樹木に変えてあげました。そして数ヵ月後、その樹木から立派な男の子が生まれたそうです。

●サイプレス

冥府の神ハデスの神殿はサイプレスで作られていたと伝えられています。

●タイム

トロイ戦争の原因となった絶世の美女の涙からタイムが生まれたと言われています。

あろませかい。メニュー
HOME
石鹸類
スキンケア類
香水